しんのすけ君

カテゴリ:ワーホリ ニュージーランド( 2 )

ワーホリの思い出、オーペア編

2ヶ月語学学校に通った後、私はオーペアの仕事をしました。
オーペアはフランス語。

外国人が、一般家庭に住み込みで労働を提供する代わりに、家賃食費が無料になる。
私は3人の子供、4歳の男の子、3歳の女の子とダウン症の赤ちゃんのいる
キーウイ(ニュージーランド人)のカップルの所に約10ヶ月ぐらいいました。

労働は8時間だったと思うけど土、日は休み。お小遣いがその当時(十数年前)
週に$100.普通は$80.私は看護師だったからちょっと高かったのだ!

私ははっきり言って子供は苦手でして、どうしようか。。。出来ないぜーって
思っていたけど条件が良かったから頑張ったよ。

でもこの3歳の女の子が憎たらしかったなー最初。
彼女は英語が話せないこのアジア人を馬鹿にしまくりで。
こいつにはてこずった。やはり女の敵は女ねー。
それに比べて4歳の男の子、もうモデルになれるぐらい可愛ー子で
実際二人共ちょっとモデルをしていたらしい。
この子は性格も良くてわたしに懐いてくれて可愛かったなー。

それに、この4歳の男の子と話をするのが英語の個人レッスン状態。
簡単だけどちゃんとした文章を話すから
成る程、成る程、こう言えばいいのねーって勉強になりました。
絵本を読んであげていても発音違うと言い直してくれたし。

a0118447_151775.jpg


私の部屋はガレージの上にあって母屋と離れていて、ちゃんとトイレとシャワーが付いていた。
白い建物が私の部屋で母屋とは渡り廊下でつながっていた。
a0118447_154225.jpg


家は丘の上にあって、お休みはこの海岸を犬とお散歩。
それぞれの家が大きくてなんか想像していた海外の
素敵なお家って感じでニュージーランドもいいやん。。て思っていたけど
ここらへんはお金持ち地位域だったらしい。
a0118447_1563584.jpg

この男の子のボレス、もう性格が弱くて私にめちゃ懐く。
可愛かったなー、言われなくても週末の犬のお散歩は私のお仕事でした。

a0118447_159610.jpg


これはクリスマス。初めての西洋のクリスマスは夏で
ちょっとイメージしていたのと違っていたけど。
隣のおじさんがサンタの扮装して、でも彼は本当のサンタと
信じていたのよね、可愛かったなー。天使みたいだった。


私のオーペアの経験は最高でした。ホストファミリーは親切だったし
はっきり言って金持ちの家だったから環境は快適だったし。

これは非常に運が良かったようです。
他のオーペアの人の話を聞くと、貧乏家族で
お金を払ってくれなくて、長時間労働。
しまいにはお金も貰わず、夜逃げした人もいたそうだし。


もしよかったらポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by edokao | 2012-06-18 10:10 | ワーホリ ニュージーランド | Comments(0)

ワーホリの思い出、その一

私は自分は猪年だと思う(実際は違うけど)
なんでかと言うと、やりたいと思ったら止まらない。
なにがなんでもやってみたいし、周りのことが見えなくなる。

十数年前にギリホリに出発。
その前は看護師として働いていて
なんか突然、海外で生活してみたいと言う思いが募り
帰ってきたらどうするかとか全く考えず
まあどうにかなるだろう。。。9年間働いたから
自分にご褒美として一年間あげて、その後帰ってきて
また看護師やるかなーなんて気軽に考えて。

思い立ったら結構早かった。

その何ケ月後にはオークランドにいた。

海外に行きたいと思った理由の一つが開放感

友達とパリに旅行に行った時に
ツアーだったけどホテルまでの送迎のみ、その他は自由行動。
一週間の鉄道パスを買って自分たちで行きたいところに行って。
めちゃくちゃ面白かった。
フランス語は買物、食事のオーダーとか簡単なものを覚えて
頑張って話したからフランスの人は冷たいっていうのが
旅行者の大抵の人の印象だけど、私達はひどい対応されたというより
親切にされた印象の方が大きい。

蚤の市に行った時に私と友達以外はアジア人がいない瞬間があって
私はすごーく気持ちが良くてあー開放感全開。。。みたいな
フランス語も通じて面白かったし。
フランス人も頑張ってフランス語を話そうとしている
日本の観光客にとても親切で
言語が違う人と会話が出来る楽しさを知ってしまった。

これがきっかけで海外に住んでみたいなーって思うようになった。
それから英会話学校にフランス旅行の前から通っていたんだけど
結構たくさんの人が留学してたけど、ワーホリなるもの経験してる人が多く
そっからワーホリ制度を知り、ワーホリは年齢制限があるけど
ニュージーランドだけ30歳までOK.(その当時)
もう行くしかないニュージーランドに!!(それまで全然興味がない国だったけど)

初めての英会話学校への登校の朝、自分一人でバスに乗って
バス停から学校まで綺麗な公園を歩いている時、
あー海外にいる。。すごー。。。って溢れ出るような開放感を感じた。
あの気持は忘れないなー。

一年の期限付きって自分で決めていたけど
全くその後どうしようとか考えてなくって、楽しいーしか頭になかった。

まさか将来、自分がオーストラリアに住むなんてそんな事が起こるなんて
夢にも思っていなかったしなー。

人生なにが起こるかわからない。

でもワーホリは楽しかったよー。


もしよかったらポチッとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by edokao | 2012-06-17 14:30 | ワーホリ ニュージーランド | Comments(1)

オージー犬しんのすけ君の毎日
by edokao
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

お久しぶりです。以前「で..
by インディカ米 at 12:00
ネットを見ていてたどり着..
by 善楽寺(日本、岐阜県) at 22:18
あっ、また更新されてるぞ..
by えびし at 09:48
どうも、ご指摘ありがとう..
by edokao at 21:56
初めまして、こんなめちゃ..
by edokao at 21:20
本文中の「未亡人」が正に..
by で、「未亡人」は良いの? at 03:38
初コメさせていただきます..
by Y子 at 07:12
edokaoさん、お久し..
by ナオピー at 21:00
しんちゃんの首輪はカッコ..
by ナオピー at 14:55
なんか鬱陶しい同僚ですね..
by 長楽 at 01:28

メモ帳

最新のトラックバック

garcinia cam..
from garcinia cambo..
石けんで変わろう!
from 卵白しっとり石鹸

ライフログ

検索

タグ

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな